施術を受ける前に知っておきたい!目頭切開の基礎知識|【統括院長 匠人之技】

目頭切開の施術とはどんなもの?

目頭切開とは、目頭の上にかぶさるように生じる「蒙古襞(もうこひだ、詳しくは後出)」をなくすためにメスを入れ、見映えを整える施術方法です。

目頭は、部位そのものは小さなものですが、顔全体の印象を司る聖域でもあります。

だからこそ、ほんの1ミリ〜2ミリの違いで印象ががらりと変わる、非常にデリケートな施術なのです。

目頭切開で期待できる具体的な効果

目頭切開で期待できる具体的な効果

目頭切開では、以下のような具体的な効果が期待できます。


  • 小さい印象だった目が、大きく生まれ変わる
  • 目の離れが解消され、バランス良く見える
  • 目の印象が強まるため、メリハリのある表情になる
  • 蒙古襞がなくなり平行二重に近くなる(末広型二重を調整できる)

特に、目頭の印象を鈍らせる原因となる蒙古襞の解決が、施術成功の鍵となってまいります。

目頭切開を行う上で重要な「蒙古襞」について

蒙古襞とは、東洋人によくみられる目頭の形状であり、涙腺の近くにあるピンク色の肉質の部分、「涙丘」が襞によって隠れている状態を意味しています。

蒙古襞がどれくらいあるのかによって、顔の印象もかなり変わってきます。

目頭切開では、自然に見えるように蒙古襞にメスを入れて調整を行います。

目頭切開をおすすめできる人とおすすめできない人の違い

目頭切開は蒙古襞がある方に対して、効果が期待できる施術方法です。

そのため、普段から蒙古襞が原因で目が小さく見えていたり、顔の印象がぼやけてしまっていたりすることに悩んでいる方におすすめです。

目頭切開は、蒙古襞を切り取ることで、隠れていた本来の目のかたちを外側に見えるように調整することで、目を大きく見せる方法です。目そのものを大きくさせる施術ではありません。

そのため、目頭に蒙古襞がほとんどない方に関しては、たとえ目が小さく見えていたとしても、目頭切開を行って目の大きさを調整することはできません。

まとめ

目頭切開は技術力が問われる繊細な施術が必要です。そのため、施術に関する詳しい知識を持っておくことは、後悔しないために大切なことなのです。

目頭切開を受ける際には、名医と呼ばれるような技術を持つ専門の美容クリニックのドクターに相談することをおすすめします。

当院では、目頭切開に関しても自信を持って施術を行っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

次回のコラムでは、目頭切開の代表的な4つの術式についてお伝えしていきます。